基本理念についての考え方

工進精工所では、これまで掲げてきた「企業理念」をCSRの観点から見直し、2014年6月、創立80周年を機に新たに、「基本理念」を創設しました。
基本理念は「会社の使命」「基本方針」「CSRメッセージ」の3部で構成し、商用車部品、鉄道車輌部品、油圧部品のメーカーとして、私たち工進精工所が社会に貢献する責任や方針、姿勢を明らかにしました。

会社の使命

私たち工進精工所が、社会に対し果たすべき任務や責任を表明したものです。
この使命を果たし、広く社会から評価されるよう、事業活動を進めていきたいと考えます。

基本方針

上記の基本方針には、以下の「思い」が込められています

① 世界の人々から信頼される部品メーカーを目指し、グローバルな事業展開をおこなう
環境や安全に対する取り組みに加え、耐久性などの性能の向上、プロダクト・ライフサイクル・コストの低減など、よりよい商品とサービスを社会に提供することで、「人々から信頼される」工進精工所として、グローバルに事業を展開していきます。

② 技術の継承と革新を続け、お客様のお役に立つ商品やサービスを提供する
工進精工所として、より高い技術の開発に取り組み、安全で環境にやさしい商品や、質の高いサービスを提供することで、お客様のお役に立ちたいと考えています。

③ 変化を的確に捉え、社会との調和を図り、持続可能な発展を目指す
社会の変化に対応し続け、社会およびすべてのステークホルダーと調和のとれた、継続的な発展を目指します。

④ 社員の多様性を尊重し、活気あふれる企業風土をつくる
社員の個性を活かし、社員がイキイキと働くことができる土台づくりに努めます。

CSRメッセージと主要なステークホルダー

「基本方針」を受け、工進精工所を取り巻くステークホルダーの皆様に対する私たちの思いとして、CSRメッセージを策定しました

5つの”もとに”

お客様とともに

株主様とともに

お取引先とともに

地域社会とともに

社員とともに

■ 環境的側面での貢献
・環境にやさしい商品を社会に提供するほか、工場運営を含むすべての企業活動で
環境負荷の低減に努めます。
■ 社会的側面での貢献
・事業活動をおこなう地域社会に対し、企業市民として社会貢献活動を積極的に
推進します。
■ 法令の遵守
・コンプライアンスを徹底するとともに、社会に対し誠実であり続けます。

労働安全衛生管理体制図

CSR活動報告

地域清掃

月1回、工業団地の清掃デーを社員によるボランティア活動として早朝から、工場周辺の公道を含めた清掃活動。

地域清掃

年1回、川越狭山工業会が主催となり、狭山市や数々の会の後援により沿線沿いにパンジーを植える活動に協賛。

地域清掃

年1回,高校2年生を対象とした座学、工場見学会、OB社員との懇談会を実施。

地域清掃

月1回、社員の誕生会を開催、両親へ感謝の気持ちを唱和し、任意の寄附を募って、児童福祉、社会福祉へ寄附しています。