企業目的・経営の姿勢

会社概要

品質・環境方針

本社 アクセス

中国子会社

ニシウミグループ

海外関連会社

会社概要
社 名 株式会社工進精工所
所在地(本社) 埼玉県狭山市新狭山1丁目1番12号
電話 04-2952-8251
創 業 大正2年 (1913年)
創 立 昭和9年 (1934年)
資 本 金 1億円
年 商 56億円(2016年)
従業員数 239名(2016年 4月現在)
製造品目 鉄道車輛用機器・油圧機器・農業機械用油圧機器
建設機械用油圧機器・産業機械用機器
自動車機器
本社工場 埼玉県狭山市新狭山1丁目1番12号
敷地/21,600、建物/12,000
子会社 大連工進機械制造有限公司 中国・大連経済技術開発区
中国・遼寧省大連経済技術開発区湾里街26
TEL:0411-3920-6055
沿革
1913年 大 正2年 東京都品川区東大崎に工進商会(鉄道省指定工場)として創業
1927年 昭 和2年 工進精工所と改称
1934年 昭 和9年 株式会社工進精工所と改組(資本金25万円)
1944年 昭 和19年 東京都練馬区貫井に移転し本社及び練馬工場設置
1968年 昭 和43年 埼玉県狭山市に狭山工場設置
1968年 昭和43年 米国ラシン・ハイドローリックス社(現ボッシュ社)と油圧機器に関する技術提携契約、合弁契約に基づき、共同出資による「コーシン・ラシン株式会社」を設立
1976年 昭和51年 資本金1億円の増資
1983年 昭和58年 自動車関連専用機受注の為狭山工場に大物組立工場を新設
1986年 昭和61年 管用テーパーねじ転造機の販売を開始
1992年 平成4年 コーシン・ラシン社と合併し本社、工場を狭山市に移転する
ラシン油圧機器援助契約をロバート・ボッシュ社と締結
1992年 平成4年 鉄道車輌用機器の輸入販売を目的にドイツのクノール・ブレムゼ社、三井物産と合弁で、「コーシン・クノール株式会社」を設立
1999年 平成11年 在来線電車用のVEパンタグラフの開発
2001年 平成13年 油圧バルブ、油圧シリンダーの中国生産開始
2001年 平成13年 ISO14001を認証取得
2001年 平成13年 農業機械分野へ油圧機器の販売を開始
2003年 平成15年 中国大連経済技術開発区に「大連工進機械制造有限公司」を設立
2006年 平成18年 N700系新幹線(のぞみ)のパンタグラフの開発
2008年 平成20年 大連工進機械制造有限公司の新工場を完成
2010年 平成22年 ISO9001を認証取得
2013年 平成25年 創業100周年を迎える
組織
組織図